ポーカートラッカー4(PokerTracker 4)で自分のハンドレンジを検証する

PokerTracker 4 には、ハンドレンジ ビジュアライザー(Hand Range Visualizer) という機能があり、自分がどのようなホールカードでプリフロップにおいてポットにチップを入れているかハンドレンジをビジュアル化することが出来ます。ポーカー(テキサスホールデム)において持っている2枚のカードの組み合わせは169通りですが適切なハンドでポットに参入しているか検証しましょう。

 

ポーカー(テキサスホールデム)において持っている2枚のカードの組み合わせは169通りです。一般的に推奨されているのが、ホールカードがUTGからは上位5パーセントのハンドでレイズするというものです。ポーカートラッカー4では実際自分のハンドをビジュアル化してハンドレンジを示すことが出来るのでその方法を紹介します。

 

自分のハンドレンジを検証する(ポーカートラッカー4)ハンドレンジ ビジュアライザー(Hand Range Visualizer)

169通りのうち一般的に推奨されているのが、ポジションがUTGの場合上位5パーセントのハンドでレイズするというものです。PokerTracker 4 のハンドレンジ ビジュアライザーではポジションごとにどのようなハンドでレイズ、またはコールして結果がどうなっているか詳しく分析できます。

ハンドレンジ ビジュアライザー設定使用方法

ポーカートラッカー4のホーム画面 の View Stats → Statistics をクリックします。

次に Report Overview のプルダウンから Holdem Hand Range Visualizer を選択します。

 

すると下の画面のように自分のハンドレンジがビジュアル化されます。

 

② ここではすべてのポジションにチェックが入っていますが、チェックをはずすことでポジションごとのハンドレンジが見れます。下ではButton 以外のチェックを外し Button のみの結果を出します。

 

下の図で ① AAをクリックすると 左側に結果が出て 出現回数9回 168.92BB 勝った事が分かります。

 

② AAのハンド履歴が全て表示され、2016年1月18日1時15分のプレイ内容をリプレイすることもできます。

 

②をダブルクリックするとハンド詳細 リプレイなどができます。

 

Heat Map Statistic はデフォルトでは Voluntarily Put Money into Pot% )自主的にポットに参加)にチェックが入っていますが、Pre Flop Raise%(プリフロップでレイズ)など下に続く項目にチェックを入れることでそれぞれの統計値が出ます。

こうした見ると AA で大きく買っていることは当然として、つまらないハンドでポットに参加してお金を失っていることを痛感しました。プレイの質の向上に役立ちます。

ポーカートラッカーは30日体験版はPokerTracker 4 ダウンロードページから利用出来ます。