ポーカートラッカー4(PokerTracker 4) HUD の色分け

PokerTracker 4 (ポーカートラッカー)のようなHUDは、スタッツを見れば相手の過去の傾向がわかります。

つまりタイトなのかルーズなのかアグレッシブなのか、さらに強い相手か弱い相手かの判断材料になります。

しかしZoomなどで多面打ちしているとじっくり数字を見ている時間がありません。

そんな時 色分けしていると早い判断に役立ちます。

今回はポーカートラッカー4のスタッツの色分け方法を紹介します。

スタッツの色分け方法(PokerTracker 4 )

1

メニューの Hud → Edit Hud Profiles を選択します。

2

下図 6 からVPIPを例に選択します。

3

 

 VPIP を選択   クリックすると  色の選択がでます。色を追加して OK でスタッツの色が変わります。

4

VPIP を例にとれば一般的に30%を超えていればルーズと判断できるでしょう。

このように相手の特色が一目で理解できるように色分けすれば更に便利です。

まずVPIPを 次に Color Ranges を選択 Add をクリックして

Min 最小 30 Max 最大100とすれば30%以上の相手だけ黄色に表示されるのでルーズであることが予想できます。

5

さらに Add でレンジを追加していきます。

下の場合ですと20%までは赤

20%~35%は黄色

35~100パーセントは黄緑 となります。

6

スタッツ色分けの効果応用

スタッツを色分けすることで、時間の限られた中で相手を一目である程度分析することができます。

例えば上の例で VPIP が黄色の場合ルーズなプレイヤーであることが分かり、極端な場合はフィッシュであることも想像できます。

またブラインドからのスチールが多すぎる相手に対しては3ベットでリスチールを試みるのも良いかもしれません。

スタッツの種類を多くして複雑な戦略を立てることも可能になります。

PokerTracker 4 フリートライ