Hold’em Manager 2(ホールデムマネージャー)のスタッツを勝ち組プレーヤーのデータをもとに色分けしてみる

PokerTracker 4 (ポーカートラッカー)の機能に リークトラッカーがあり、成績の良いプレーヤーのスタッツの平均が分かります。過去記事で説明しています。

これをもとにHold’em Manager 2(ホールデムマネージャー)のスタッツを色分けしたいと思います。

Hold’em Manager 2(ホールデムマネージャー)のスタッツを色分け

ホーム画面の HUD Setting から

 

左側 Stat Appearance を選択します。まず VPIP(自主的ポット参加率)の色を設定してみます。Selected Stat で TOT VPIP を選択します。

平均的なノーリミットテキサスホールデム ローステークス フルリングの成績の良いプレイヤーのVPIPは 11.2% ~ 22.8% と言われています。

No limit Holdem Low Stakers High Stakes
Full Ring 11.2% ~ 22.8% 14.18% ~ 31.6%
Short Hand 16.5% ~ 30.1% 19.3% ~ 35.0%
Heads Up 42.5% ~ 58.9% 46.7% ~ 63.1%

上の赤色の Less than (未満) のところに 11.2 と入力

オレンジの Between に22.8を入力すると、黄緑の More than(以上) は 22.8 になっています。結果 11.2%未満は赤 22.8%以上は黄緑 中間はオレンジでスタッツが表示されます。

 

設定後のスタッツです。白で囲った15の数字は 11.2以上 22.8以下なので、オレンジになっています。

スタッツの色分けの効果と応用

スタッツを色分けすることで、時間の限られた中で相手を一目である程度分析することができます。

例えば上の例で VPIP が黄色の場合ルーズなプレイヤーであることが分かり、極端な場合はフィッシュであることも想像できます。

またブラインドからのスチールが多すぎる相手に対しては3ベットでリスチールを試みるのも良いかもしれません。

スタッツの種類を多くして複雑な戦略を立てることも可能になります。

Hold’em Manager 2(ホールデムマネージャー)30日お試し http://www.holdemmanager.com/